茶道石州流宗家

茶道石州流宗家

茶道石州流宗家は

徳川幕府四代将軍徳川家綱より幕末まで

茶道指南役 をつとめ 武家茶道 の原点

ともいえる茶道である。

茶道石州流宗家 

茶道石州流宗家 トップページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

茶道石州流宗家は

徳川幕府四代将軍徳川家綱より幕末まで

茶道指南役 をつとめ 武家茶道 の原点

ともいえる茶道である。

 

 

茶道石州流宗家

茶道石州流宗家は

徳川幕府四代将軍徳川家綱より幕末まで

茶道指南役 をつとめ 武家茶道 の原点

ともいえる茶道である。

 

 

 

 

 

茶道石州流宗家 歴史

 茶道。それは日本の美しき伝統文化の象徴である。
日本の生活の中に深く根ざし、浸透している茶道は、六百有余年の歴史を持ち、多くの伝統芸術をも包括しながら、現代へと継承されてきた。それは今なお日本人の生活に深く根ざし、精神規範ともなっている。
 歴史をたどると、「闘茶」と呼ばれた当初の形式から始まり、これに伴う風流の発生・展開を経て、やがて千利休による道統の確立に至る。「わび」「さび」を重んじる茶道独自の境地はまた、日本人の美意識の根底に流れていく。日本人の嗜好と切っても切り離せないものとして、移り行く世相を超え、時代を超越して現代に受け継がれている。
 同時に、茶道の理念は、茶室を中心とする建築や茶庭・露地の造形規範となり、さらに茶碗や棗などの茶道具などの工芸から、待合や床に掛ける軸などの美術品の細部にわたり審美感覚を定型化していく。また、点前や懐石などの茶の湯の抱合する美は、日常生活美学の指南として役割を担ってきた。日本文化を語るに、茶道を抜きにしてはできない所似である。
 現代の茶の湯の中には多くの流儀があり、それぞれに活躍している。石州流はそのひとつで、かつ独自の立場を継承する。すなわち、武家茶道である。
 日本人の精神構造を支える今ひとつの理念が武士、つまりサムライの心であると考える人は少なくない。
 四代将軍徳川家綱公の茶道指南役に推挙された片桐石見守石州を流祖とする石州流は、以来、将軍家をはじめ、武家社会の茶の湯として定着。武士の心得と茶の湯の心得を抱合した格調高いものとして受け継がれてきた。
 武家社会が崩壊してはや150年余り。しかし武家の精神は、この茶の湯の中に生きている。珠光・利休より継承した茶の心は、そこに武士精神を加味し、点前の所作、動きや帛紗の位置の差異となり、表面化して、独自の武家茶の湯を作ったのである。
 今なお、全国各地の城下町では、石州流が残り、支持され活躍している。かつて大名たちは競って石州流を藩の茶道に取り入れた。石州流と深く関わった武士たちの子孫が住む城下町。それは各地に点在している。日本中何処に行っても石州流がおおいのはもっともな話である。
 当代第十六代片桐貞友宗匠は、その伝承者であり、茶道石州流の総帥である。日本人の心を支える石州流は、いま十六代貞友宗匠によって大きな流れへと展開していく。

 

English

 

茶道石州流宗家 歴史

 茶道。それは日本の美しき伝統文化の象徴である。
日本の生活の中に深く根ざし、浸透している茶道は、六百有余年の歴史を持ち、多くの伝統芸術をも包括しながら、現代へと継承されてきた。それは今なお日本人の生活に深く根ざし、精神規範ともなっている。
 歴史をたどると、「闘茶」と呼ばれた当初の形式から始まり、これに伴う風流の発生・展開を経て、やがて千利休による道統の確立に至る。「わび」「さび」を重んじる茶道独自の境地はまた、日本人の美意識の根底に流れていく。日本人の嗜好と切っても切り離せないものとして、移り行く世相を超え、時代を超越して現代に受け継がれている。
 同時に、茶道の理念は、茶室を中心とする建築や茶庭・露地の造形規範となり、さらに茶碗や棗などの茶道具などの工芸から、待合や床に掛ける軸などの美術品の細部にわたり審美感覚を定型化していく。また、点前や懐石などの茶の湯の抱合する美は、日常生活美学の指南として役割を担ってきた。日本文化を語るに、茶道を抜きにしてはできない所似である。
 現代の茶の湯の中には多くの流儀があり、それぞれに活躍している。石州流はそのひとつで、かつ独自の立場を継承する。すなわち、武家茶道である。
 日本人の精神構造を支える今ひとつの理念が武士、つまりサムライの心であると考える人は少なくない。
 四代将軍徳川家綱公の茶道指南役に推挙された片桐石見守石州を流祖とする石州流は、以来、将軍家をはじめ、武家社会の茶の湯として定着。武士の心得と茶の湯の心得を抱合した格調高いものとして受け継がれてきた。
 武家社会が崩壊してはや150年余り。しかし武家の精神は、この茶の湯の中に生きている。珠光・利休より継承した茶の心は、そこに武士精神を加味し、点前の所作、動きや帛紗の位置の差異となり、表面化して、独自の武家茶の湯を作ったのである。
 今なお、全国各地の城下町では、石州流が残り、支持され活躍している。かつて大名たちは競って石州流を藩の茶道に取り入れた。石州流と深く関わった武士たちの子孫が住む城下町。それは各地に点在している。日本中何処に行っても石州流がおおいのはもっともな話である。
 当代第十六代片桐貞友宗匠は、その伝承者であり、茶道石州流の総帥である。日本人の心を支える石州流は、いま十六代貞友宗匠によって大きな流れへと展開していく。

 

English

 

 

茶道石州流宗家 歴史

 茶道。それは日本の美しき伝統文化の象徴である。
日本の生活の中に深く根ざし、浸透している茶道は、六百有余年の歴史を持ち、多くの伝統芸術をも包括しながら、現代へと継承されてきた。それは今なお日本人の生活に深く根ざし、精神規範ともなっている。
 歴史をたどると、「闘茶」と呼ばれた当初の形式から始まり、これに伴う風流の発生・展開を経て、やがて千利休による道統の確立に至る。「わび」「さび」を重んじる茶道独自の境地はまた、日本人の美意識の根底に流れていく。日本人の嗜好と切っても切り離せないものとして、移り行く世相を超え、時代を超越して現代に受け継がれている。
 同時に、茶道の理念は、茶室を中心とする建築や茶庭・露地の造形規範となり、さらに茶碗や棗などの茶道具などの工芸から、待合や床に掛ける軸などの美術品の細部にわたり審美感覚を定型化していく。また、点前や懐石などの茶の湯の抱合する美は、日常生活美学の指南として役割を担ってきた。日本文化を語るに、茶道を抜きにしてはできない所似である。
 現代の茶の湯の中には多くの流儀があり、それぞれに活躍している。石州流はそのひとつで、かつ独自の立場を継承する。すなわち、武家茶道である。
 日本人の精神構造を支える今ひとつの理念が武士、つまりサムライの心であると考える人は少なくない。
 四代将軍徳川家綱公の茶道指南役に推挙された片桐石見守石州を流祖とする石州流は、以来、将軍家をはじめ、武家社会の茶の湯として定着。武士の心得と茶の湯の心得を抱合した格調高いものとして受け継がれてきた。
 武家社会が崩壊してはや150年余り。しかし武家の精神は、この茶の湯の中に生きている。珠光・利休より継承した茶の心は、そこに武士精神を加味し、点前の所作、動きや帛紗の位置の差異となり、表面化して、独自の武家茶の湯を作ったのである。
 今なお、全国各地の城下町では、石州流が残り、支持され活躍している。かつて大名たちは競って石州流を藩の茶道に取り入れた。石州流と深く関わった武士たちの子孫が住む城下町。それは各地に点在している。日本中何処に行っても石州流がおおいのはもっともな話である。
 当代第十六代片桐貞友宗匠は、その伝承者であり、茶道石州流の総帥である。日本人の心を支える石州流は、いま十六代貞友宗匠によって大きな流れへと展開していく。

 

English

 

 

 

茶道石州流宗家 宗匠 若宗匠

16代貞友宗匠

 

貞明 若宗匠

茶道石州流宗家

宗匠 若宗匠

16代貞友宗匠

 

貞明 若宗匠

 

 

茶道石州流宗家 宗匠 若宗匠

16代貞友宗匠

 

貞明 若宗匠

 

 

茶道石州流宗家 支部紹介

   

●秋田県支部

  秋田市支部
  北秋田市支部
  男鹿支部
  能代支部
  大館支部
  花輪支部

●会津支部

●石川県支部

●東京支部

●本庄石州会

●秋篠会

●高松会

●鳥取支部

●岡山県支部高松地区

●高咲会

●広島県支部

●愛媛会

 

 

茶道石州流宗家 支部紹介

●秋田県支部
秋田市支部
北秋田市支部
男鹿支部
能代支部
大館支部
花輪支部
●会津支部
●石川県支部
●東京支部
●本庄石州会
●秋篠会
●高松会
●鳥取支部
●岡山県支部高松地区
●高咲会
●広島県支部
●愛媛会

茶道石州流宗家 支部紹介

   

●秋田県支部

  秋田市支部
  北秋田市支部
  男鹿支部
  能代支部
  大館支部
  花輪支部

●会津支部

●石川県支部

●東京支部

●本庄石州会

●秋篠会

●高松会

●鳥取支部

●岡山県支部高松地区

●高咲会

●広島県支部

●愛媛会

 

 

 

 

茶道石州流宗家 行事予定

       

一月 第二 日曜日

四月 第二 日曜日

十月 第二 日曜日

十一月三日

初釜

春季片桐且元祭

秋季流祖石州公忌茶会

橿原神宮 献茶祭

三月

五月

七月

七月

八月

九月

十二月

秋篠会

秋篠会

秋篠会

初心者茶道研究会

上級者茶道研究会

秋篠会

秋篠会

 

茶道石州流宗家 行事予定

     
 

一月 第二 日曜日

四月 第二 日曜日

十月 第二 日曜日

十一月三日

初釜

春季片桐且元祭

秋季流祖石州公忌茶会

橿原神宮 献茶祭

 

三月

五月

七月

七月

八月

九月

十二月

秋篠会

秋篠会

秋篠会

初心者茶道研究会

上級者茶道研究会

秋篠会

秋篠会

 

茶道石州流宗家 行事予定

       

一月 第二 日曜日

四月 第二 日曜日

十月 第二 日曜日

十一月三日

初釜

春季片桐且元祭

秋季流祖石州公忌茶会

橿原神宮 献茶祭

三月

五月

七月

七月

八月

九月

十二月

秋篠会

秋篠会

秋篠会

初心者茶道研究会

上級者茶道研究会

秋篠会

秋篠会

茶道石州流宗家アクセス

 

茶道石州流宗家

〒631-0803

奈良県奈良市山陵町1055−17

電話  : 0742-47-0902

南側より左折し、お越し下さい。

茶道石州流宗家アクセス

 

茶道石州流宗家

〒631-0803

奈良県奈良市山陵町1055−17

電話  : 0742-47-0902

南側より左折し、お越し下さい。

茶道石州流宗家アクセス

 

茶道石州流宗家

〒631-0803

奈良県奈良市山陵町1055−17

電話  : 0742-47-0902

南側より左折し、お越し下さい。

 

 

茶道石州流宗家 雪月花 WEB

 

 

茶道石州流宗家 雪月花 WEB

 

 

茶道石州流宗家 雪月花 WEB

茶道石州流宗家 事務局

 

 

 

各支部のお問合せも宗家事務局で

一括してお受け致します。

 

電話  : 0742-47-0902

茶道石州流宗家 事務局

 

 

 

各支部のお問合せも宗家事務局で

一括してお受け致します。

 

電話  : 0742-47-0902

茶道石州流宗家 事務局

 

 

 

各支部のお問合せも宗家事務局で

一括してお受け致します。

 

電話  : 0742-47-0902